Ubiq(UBQ)

LedgerデバイスにUbiqアプリをインストールすると、PyrusでUBQを管理できるようになります。UbiqアプリはUbiqコミュニティによって開発、サポートされています。

事前準備

  • LedgerデバイスでLedger Liveをセットアップする。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。
  • Ubiqに必要なEthereumアプリをインストールする。
  • Google ChromeまたはFirefoxがインストールされていることを確認する。

Ubiqアプリをインストール

  1. Ledger Liveで管理画面を開く。
  2. デバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上でManagerを許可する。
  4. アプリカタログでUbiqを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。 
    • アプリのインストールが完了する。 

UBQトークンの管理

Ubiqウォレットを開く

  • Pyrusに移動する。
  • Send UBQ & tokensタブをクリックする。
  • 必要に応じて、ウォレットへのアクセス方法はLedger Walletを選択する。
  • Connect Ledger Walletボタンをクリックする。ウィンドウが開きます。
  • Uniqのデフォルトの派生パスを使用する(m/44'/108'/0'/0 Ledger(UBQ)& Ubiqベースのトークン)。
  • 管理するアドレスを選択する。
  • Unlock your walletをクリックする。

トークンを送る/受け取る

トランザクションを送受信する場合は必ず、デバイス上でトランザクションの詳細を確認してください。

  • 受け取る場合は、デバイス上で受取アドレスを確認してください。
  • 送付する場合は、数量、送付先アドレス、およびガス代を確認してください。デバイスの右ボタンを押して、署名とトランザクションをブロードキャストを実行します。

この記事は役に立ちましたか?