Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

MyEtherWalletの設定と使用方法

このガイドでは、MyEtherWalletを設定と使用方法を解説します。MyEtherWalletを使用することで、Ledgerデバイスのセキュリティを確保しながら、Ledger Liveで対応していない、または不足しているERC20トークンを確認することができます。

事前準備

Ethereumアプリのインストール

LedgerデバイスにEthereumアプリをインストールすると、MyEtherWalletでETHとERC20トークンを管理できるようになります。EthereumアプリはLedgerによって開発、サポートされています。

  1. Ledger LiveでMy Ledgerを開く。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、My Ledgerによるデバイスへのアクセスを許可する。
  4. アプリカタログでEthereumを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。 
    • アプリのインストールが完了する。

ブラインド署名を有効にする

  1. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  2. Ethereum (ETH)アプリを開く。
  3. 右ボタンを押して「Settings」に移動する。両方のボタンを押して確定する。
    Ledgerデバイスに「Blind Signing」と表示される。
  4. 両方のボタンを押して、トランザクションのブラインド署名を有効にする。
    デバイスに「Enabled」と表示される。これで完了です。

ENABLE_BLIND_SIGNING.gif

トラブルシューティング:ChromeでのU2Fのタイムアウト

Chromeの変更に伴い、MyEtherウォレットなどのウェブアプリでU2Fのタイムアウト問題が発生する場合があります。お使いのLedgerデバイスが最新のファームウェアであることを確認し、My Ledgerでアプリを再インストールしてください。

それでもU2Fのタイムアウトの問題が解消されない場合は、以下の解決策をお試しください。

  • Ledger Nano XのBluetooth接続を無効にする:両方のボタンを押したまま、 Control Center にアクセスし、 Bluetoothを直接無効にしてください。 
  • USBのドライバーをWindowsでアップデート

次のステップ

  • 詳しい手順については、 MyEtherWallet のユーザーガイドを参照してください。
  • サポートが必要な場合は、MyEtherWalletへメールでお問い合わせください。

  派生パス

Ledger Liveで使用されている派生パスにご注意ください。

  • Ledger Liveは、パスに新しいETHアカウントを作成します: m/44'/60'/0'/0

この記事は役に立ちましたか?