FIDO U2F

FIDO U2Fは、FIDO Allianceによって開発された二段階認証方式(2FA)であり、Ledger Nano SおよびLedger Nano Xデバイスでサポートされています。Facebook、Dashlane、Gmail、Dropbox、GitHubなど、さまざまなウェブサービスで利用できます。詳しくはFido U2Fページを参照してください。

  • FIDO U2Fでは、ログイン時にパスワードとLedgerデバイス両方が必要になるため、アカウントのセキュリティが向上します。
  • FIDO U2Fは暗号資産とは関係ありません。Ledgerデバイスで利用できるツールの1つです。

事前準備

動画による説明

手順

  1. Ledger Liveで管理画面を開く。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上で許可する。
  4. アプリカタログでFIDO U2Fを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。
    • アプリのインストールが完了する。
  6. デバイスのダッシュボードでFIDO U2Fを開く。
  7. FIDO U2Fを利用できる各ウェブサービスのセキュリティ設定にアクセスし、所定の手順に従ってデバイスを登録してください:FacebookDashlaneGoogleGitHubDropbox

  重要な情報

  • デバイスにアクセスできなくなった場合は、Ledgerハードウェアウォレットでリカバリーフレーズを復元し、Fido U2Fアプリを再インストールすることでアカウントにアクセスできます。
  • 複数のLedgerハードウェアウォレットで同じ秘密鍵を管理している場合、Fido U2Fに使用できるデバイスは1台だけです。

この記事は役に立ちましたか?