トランザクションが保留中に停止した場合

トランザクションが保留中のまま進まない場合は、こちらの記事を参考に、トランザクションを高速化あるいはキャンセルすることができます。 

トランザクションは、長い場合で数日間、取引リストで保留中の状態が続くことがあります。トランザクションが最初の承認を得るまでの時間は、以下の条件によって異なります。

  • トランザクションに含まれるネットワーク手数料、またはガス代。
  • ブロックチェーンネットワーク内の、保留中トランザクションの現在の負荷。

ネットワーク手数料およびトランザクションのステータスについての詳細はこちらでご確認いただけます。

トランザクションのステータスの確認

トランザクションの詳細は、ネットワークエクスプローラーのトランザクションのステータスで確認することができます。

  1. Ledger Live最近の取引リストで、任意のトランザクションをクリックする。
    取引詳細画面が表示されます。
  2. 「エクスプローラーで表示」ボタンをクリックすると、サードパーティーのネットワークエクスプローラーでトランザクションを検索できます。

Screenshot_2020-08-11_at_11.43.07.png

この場合、トランザクションのステータスは保留中となっています。トランザクションが保留中の場合は、以下のいずれかの解決策を試すことができます。

トランザクションがドロップされるまで待つ
  • 承認されるまで待ち続けるという選択肢を選ぶことができます。数日後にトランザクションが承認される可能性があります。
  • ネットワークがトランザクションをドロップするまで待つこともできますが、特定のネットワークではドロップは頻繁に発生しない場合があります。
  • ドロップされたトランザクションは最近の取引リストから削除されます。
トランザクションを高速化する
  • Bitcoinのような暗号資産では、ネットワーク手数料を増やしてトランザクションを高速化することができます。この機能はReplace-by-fee(RBF)と呼ばれ、Ledger Liveの最新バージョンでは、トランザクションを送信する際にデフォルトで有効になっています。

    RBF.png

    なかなか処理が進まないトランザクションを高速化するためには、より高い手数料を支払って同じトランザクションを再送信する必要があります。そうすることで新しいトランザクションが既存のトランザクションを上書きし、ネットワークがより速く処理を行います。現在この機能はLedger Liveではサポートされていません。機能を使用するには、高速化に対応している資産のサードパーティのウォレットをLedgerデバイスと併用する必要があります。例えば、Bitcoinの場合はサードパーティ製のElectrum、Litecoinの場合はElectrum-LTCを使用することができます。
  • Ethereumのような暗号資産では、MyEtherWalletを使ってトランザクションを高速化することが可能です。MyEtherWalletを使うと、保留中のトランザクションを新しいトランザクションに置き換えることができます。この新しいトランザクションには、保留中のトランザクションと同じIDと、より高いガス代の2つが必要となります。迅速に承認を得るには、ガス代をETH Gas Stationが推奨する高速手数料と同じか、それ以上に設定することをお勧めします。MyEtherWalletでトランザクションを高速化する方法の詳細については、MyEtherWalletのドキュメントを参照してください。
トランザクションをキャンセルする

Ethereumのトランザクションは、トランザクションIDの番号順に処理されます。トランザクションIDはすべて一意です。2つのトランザクションが同じトランザクションIDを持つ場合、ガス代が高いほうのトランザクションが先に処理され、もう片方のトランザクションは拒否されます。

たとえば、MyEtherWalletを使用して、0 ETHのトランザクションを自分のアドレスに送信することができます。この新しいトランザクションには、保留中のトランザクションと同じIDと、より高いガス代の2つが必要となります。新しいトランザクションが先に処理され、保留中のトランザクションはキャンセルされます。
MyEtherWalletでトランザクションを高速化する方法の詳細については、MyEtherWalletのドキュメントを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?