Bitcoin(BTC)

この記事は、最初のLedger Bitcoin (BTC) アカウントを設定する際にご活用ください。

 BitcoinアプリはLedgerによって開発、サポートされています。詳しくはBitcoinウォレットのページを参照してください。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、Ledgerデバイスを「管理」に接続してLedgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

LedgerデバイスにBitcoin(BTC)アプリをインストールする。

  1. Ledger Liveを開き、「管理」タブに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、デバイスでManagerを許可する。
  4. アプリカタログでBitcoin(BTC)アプリを検索する。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessingと表示される。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。これで完了です。

最後の手順

  • Bitcoinアカウントの作成:Ledger Liveで最初のBitcoinアカウントを作成する。詳細はこちら
  • 受取:BitcoinアカウントでBTCを受け取る。詳細はこちら
  • 送付:作成したBitcoinアカウントからBTCを送る。詳細はこちら
  • BTCとBitcoinネットワークについて:詳細はこちら
  • 購入:Ledger Liveで、LedgerのBitcoinアカウント宛てにBTCを購入する。詳細はこちら

高度な機能

異なるタイプのBitcoinのアカウントを作成する方法

Ledger Liveは、デフォルトでBitcoin「Native SegWit」アカウントを作成します。ただし、場合によっては別のタイプのBitcoinアカウントの作成が必要となる場合もあります。

ここでは、デフォルトのアカウントタイプを変更する方法をご紹介します。

  1. 新しいBitcoinアカウントを、Ledger Liveのアカウント > +アカウントを追加ボタンで追加する場合、手順のステップ 3「すべてのアドレスタイプを表示」を選択してください。
    image__3_.png
  2. 希望のアカウントタイプを選択する。
    Native SegWit(デフォルトのアカウントタイプ) SegWit Taproot Legacy
    Native SegWitアカウントは、bc1qから始まるBitcoinの入金アドレスを作成します。Native SegWitアカウントは、SegWitやLegacyアカウントに比べてタイプミスを検出率が高く、安い手数料で利用することができます。
  3. 「アカウントを追加」をクリックする。

  アドレスのプライバシーについて

Bitcoinのトランザクションはすべて公開されています。プライバシーを保護するため、同じアドレスの再利用は避けてください。  Ledger Liveは、新しいアドレスを自動的に作成し、過去に使用されたアドレスを追跡します。 過去に使用されたアドレスも引き続き有効ですが、最適なレベルのプライバシーは維持されません。

 

この記事は役に立ちましたか?