Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Bitcoin(BTC)

Bitcoinのよくある質問
  • BTC受け取りアドレスが毎回変更されるのはなぜですか?これは正常な動作なので、問題ありません。詳細はこちら

  • 私が送付したBTCトランザクションが停止し保留になっている。スピードアップする方法
  • Ledger LiveでBitcoinアカウントを管理していると、エラーが発生。
    • 送信時に「No signature for input 254 present」と表示される。修正中は、LedgerデバイスでElectrumを使用してください
    • アカウント追加時のnon-standard path: 44'/145'/0'/0/0。これを解決するには、Ledger Live 設定 -> 試験機能 -> 拡張アカウント検索で「拡張アカウント検索」1 を無効にしてください。
    • API HTTP 503同期エラー。この問題を解決するには、こちらの記事をご確認ください。
  • Bitcoin Lighting Network(ビットコイン・ライトニングネットワーク)は、サポートされていますか?
    • LedgerとLedger Liveは、現時点でビットコインライトニングネットワークのサポートを提供しません。つまり、ビットコインライトニングネットワークで、Ledgerデバイスを使用することはできません。ライトニングネットワークにアクセスするには、ビットコインをサポートしているウォレットにビットコインを移動する必要があります。

この記事は、LedgerデバイスとLedger Liveを使用して最初のBitcoin (BTC) アカウントを設定する際に参照してください。

 Bitcoin (BTC) の受取アドレスが取引のたびに変わるのはなぜですか?

ビットコイン基盤のブロックチェーン (Bitcoin (BTC) だけでなく、Litecoin (LTC)、Zcash (ZEC)、およびBitcoin Cash (BCH) も含む) はパブリックネットワークです。プライバシーを最適化するために、トランザクション後にこれらの暗号資産のアドレスを再利用することは避けてください。他の暗号資産(Ethereum、XRP、Stellarなど)の場合、アドレスは変わりません。

Ledger Liveは、Bitcoinをベースとした暗号資産の新しいアドレスを作成します。過去に使用されたアドレスも引き続き有効ですが、最適なレベルのプライバシーは維持されません。詳細はこちら

 ビットコインライトニングネットワークに対応していますか?

LedgerとLedger Liveは、現時点でビットコインライトニングネットワークのサポートを提供しません。つまり、ビットコインライトニングネットワークで、Ledgerデバイスを使用することはできません。ライトニングネットワークにアクセスするには、ビットコインをサポートしているウォレットにビットコインを移動する必要があります。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、LedgerデバイスをMy Ledgerに接続し、デバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

LedgerデバイスにBitcoin(BTC)アプリをインストールする。

  1. Ledger Liveを開き、My Ledgerタブに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、My Ledgerによるデバイスへのアクセスを許可する。
  4. アプリカタログでBitcoin(BTC)アプリを検索する。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessingと表示される。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。これで完了です。


       Bitcoinアプリは Ledgerによって開発およびサポートされています。

LedgerデバイスでBitcoinアカウントをLedger Liveに追加する

Ledger LiveにBitcoin (BTC) アカウントを追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. Ledger Liveを開き、「アカウント」タブに移動して+アカウントを追加を選択する。
  2. ドロップダウンメニューで、 Bitcoin (BTC) を選択し、 「続行」をクリックする。



  3. 次に、Ledgerデバイスのボタンを使用してBitcoinアプリを開いてください。



  4. 新しいBitcoin (BTC) アカウントの名前を選択後、「アカウントを追加」をクリックする。
  5. 最後に、「完了」をクリックして、Ledger LiveへのBitcoinアカウントの追加を完了します。




    新しいBitcoinアカウントが設定され、Ledger Liveで使用できるようになりました。これにより、Coinbase、Binance、Kraken、KuCoin、Huobi、またはBitcoin (BTC) トランザクションに対応するその他のプラットフォームを含む、任意のウォレットまたは暗号資産取引所からBitcoin (BTC) を送受信することができます。




Bitcoinの安全な保護方法

高度な機能

異なるタイプのBitcoinのアカウントを作成する方法

Ledger Liveは、デフォルトでBitcoin「Native SegWit」アカウントを作成します。ただし、場合によっては別のタイプのBitcoinアカウントの作成が必要となる場合もあります。

ここでは、デフォルトのアカウントタイプを変更する方法をご紹介します。

  1. 新しいBitcoinアカウントを、Ledger Liveのアカウント > +アカウントを追加ボタンで追加する場合、手順のステップ 3「すべてのアドレスタイプを表示」を選択してください。
    image__3_.png
  2. 希望のアカウントタイプを選択する。
    Native SegWit(デフォルトのアカウントタイプ) SegWit Taproot Legacy
    Native SegWitアカウントは、bc1qから始まるBitcoinの入金アドレスを作成します。Native SegWitアカウントは、SegWitやLegacyアカウントに比べてタイプミスを検出率が高く、安い手数料で利用することができます。
  3. 「アカウントを追加」をクリックする。

  アドレスのプライバシーについて

Bitcoinのトランザクションはすべて公開されています。プライバシーを保護するため、同じアドレスの再利用は避けてください。  Ledger Liveは、新しいアドレスを自動的に作成し、過去に使用されたアドレスを追跡します。 過去に使用されたアドレスも引き続き有効ですが、最適なレベルのプライバシーは維持されません。

Ledger LiveでBitcoin(BTC)をスワップ

Ledger Liveのスワップ機能を使用して、ビットコイン(BTC)コインをEthereum(ETH)、Solana(SOL)、USDT Tether、XRP、Dogecoin(DOGE)などを含む他の暗号資産と安全に交換できます。



最後の手順

  • 暗号資産取引所またはウォレットから送付したBTCを、Bitcoinアカウントで受け取る詳細はこちら
  • 送付:作成したBitcoinアカウントからBTCを送る。詳細はこちら
  • BTCとBitcoinネットワークについて:詳細はこちら
  • Ledger Liveを使用して、Ledger BitcoinアカウントにBitcoin (BTC) を直接購入。詳細はこちら
    さらに、Ledger Liveのアプリ一覧セクションからアクセスできるサードパーティサービスStakinSatを使用して、ドルコスト平均法 (DCA) 戦略としても知られるビットコインの定期購入をご利用いただけます。

この記事は役に立ちましたか?