XRP(リップル/XRP)

この記事は、最初のLedger XRP (XRP) アカウントを設定する際にご活用ください。

 XRPアプリはLedgerによって開発、サポートされています。

Sologenic (SOLO) Airdropに関するお知らせ

  • 対象アカウントは、LedgerのXRPアカウントにトラストラインを設定してSOLOトークンを請求することができます。
  • Airdropの詳細と対象アカウントに関しては、こちらの記事をご覧ください。
  • LedgerのXRPアカウントにトラストラインを設定する方法については、こちらの記事をご覧ください。
  • トラストラインに関する一般的な情報については、こちらの記事をごご覧ください。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、Ledgerデバイスを「管理」に接続してLedgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

LedgerデバイスにXRPアプリをインストール

  1.  Ledger Live を開き、 管理画面 に移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上でManagerを許可する。
  4. アプリカタログでXRPアプリを検索する。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessingと表示される。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。

最後の手順

新規XRPアカウント作成に関する重要な情報

  • XRPネットワークで新規アカウントを有効にするには、準備金として必ず10XRPを永久にロックする必要があります。
  • これはLedgerではなく、XRPネットワークにより定められている要件です。詳しくは こちらからご確認いただけます
  • LedgerのXRPアドレスに10XRPを送金すると、XRPアカウントが有効化されます。
  • ロックされたXRPは、LedgerのXRPアカウントを削除するまで返還されません。詳しくはこちらを参照してください。

宛先タグ

  • Ledgerウォレットから暗号資産取引所にXRPを送金する場合、宛先タグを追加する必要があります。
  • 取引所への送金時に宛先タグを追加するときは、取引所から提供されたタグを入力してください。 LedgerデバイスでXRPを受け取る場合、特定のタグは必要ありません。タグについての詳細はこちらでご確認いただけます。

XRP_tag.png

  • 一部の取引所は、有効化されたアドレス宛にしか送付を行うことができません。別の場所から10XRP以上を送金し、アドレスを有効化してください。
  • Ledger Liveはトラストラインに対応していません。
  • Ledger Liveでトランザクションが未確定の状態で48秒以上が経過すると、Ledger sequence too highというエラーメッセージが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?