Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

XRP(リップル/XRP)

この記事は、LedgerデバイスとLedger Liveを使用して最初のXRPアカウントを設定する際に参照してください。

事前準備

  • コンピューターにLedger Liveをダウンロードしてインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご覧ください。
  • Ledger Liveを開き、LedgerデバイスをMy Ledgerに接続してLedgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledger Nano SNano S Plus / Nano X ファームウェアをアップデートする。

LedgerデバイスにXRPアプリをインストール

  1. Ledger Liveを開き、My Ledgerタブに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、My Ledgerによるデバイスへのアクセスを許可する。
  4. アプリカタログでXRPアプリを検索する。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessingと表示される。
    • Ledger Liveには「インストール済み」と表示されます。


       XRPアプリは、Ledgerによって開発およびサポートされています。

最初のXRPアカウントを作成する

 新しいXRPアカウントを作成する前に

  • XRPネットワークでは、新規アカウントはすべて、10XRP(以前は20XRP)を恒久的にロックして有効化する必要があります。
  • これはLedgerではなく、XRPネットワークにより定められている要件です。詳しくは こちらからご確認いただけます
  • LedgerのXRPアドレスに10XRPを送金すると、XRPアカウントが有効化されます。
  • 予約金額は、ロックされており、Ledger XRPアカウントを削除することで部分的に復元できます。詳細はこちら
  1. Ledger Liveを開き、「アカウント」タブに移動し、「+アカウントを追加」を選択する。



  2. XRP (XRP)アカウントを選択し、「続行」をクリック。



  3. ボタンを使用して、LedgerデバイスでXRPアプリを開く。



  4. アカウントに名前を付け、「アカウントを追加」をクリックして、Ledger Liveへのアカウントの追加を完了する。



  5. 「完了」をクリックして、準備完了!

最初のXRPアカウントを作成する

  1. XRPアカウントに移動し、「Receive(受取)」ボタンをクリックする。



  2. 正しい受取アカウントが選択されていることを確認し、「続行」をクリック。



  3. アドレスを確認。ボタンを使用して、Ledger画面に表示されるアドレスが、Ledger Liveに表示されるアドレスと一致していることを確認する。



  4. すべて問題がなければ、Ledger Liveのアドレスをコピーし、ボタンを使用してLedgerデバイス上のアドレスを承認する。



    これで準備完了です。このアドレスを使用してXRPコインをLedgerアカウントに送付できます。

 取引所からXRPを送付しますか?

以下をご一読ください。

  • 取引所からLedger XRPアカウントにXRPを送付する場合、通常メモ/宛先タグは不要ですが、一部の取引所ではメモ/宛先タグが必要な場合があります。必要な場合は、「0000」や「1111」などの任意の文字列や数字をメモとして入力可能です。

  • 一部の取引所は、有効化されたアドレスにのみ資金を転送することに注意してください。最低10 XRPを該当アドレスに送信することで、有効化できます。

  • また、一部の取引所では、XRPをLedgerウォレットに送信する前に、アドレスをXアドレスに変換する必要があります。詳細はこちら

Ledger LiveでXRPをスワップ

Ledger Liveのスワップ機能を使用すると、XRPコインをBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、USDT Tether、Solana(SOL)、Dogecoin(DOGE)などを含む他の暗号資産と安全にスワップできます。2023年12月の時点で、XRPアカウントからスワップトランザクションを開始するには、少なくとも66 XRPが必要です。


最後の手順

 宛先タグ

  • Ledgerウォレットから暗号資産取引所にXRPを送付する場合、メモ/宛先タグを追加することが重要です。
  • 取引所への送付でタグを追加するには、取引所から指定されたタグを入力する必要があります。LedgerデバイスでXRPを受け取る場合、特定のタグは不要です。タグについての詳細はこちらでご確認いただけます。

XRP_tag.png

XRP FAQ
    • トラストラインは、XRPネットワーク内でトークンを表し、保持するために使用されます。Ledger Liveは現在トラストラインに対応していませんが、LedgerデバイスをXRPToolkitなどのサードパーティアプリケーションに接続することで、トラストラインを設定できます。詳細はこちら
    • Ledger Liveで「Ledger sequence too high」というエラーメッセージが表示された場合は、トランザクションを確定するまでに48秒以上が経過したことが原因である可能性があります。

      sequence_toohigh.png

      これを修正するには、Ledgerデバイスでトランザクションを48秒以内に承認するようにしてください。

この記事は役に立ちましたか?