Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Zcash (ZEC)

この記事は、初めてLedger Zcash (ZEC) アカウントを設定する際にご活用ください。

 ZcashアプリはLedgerによって開発、サポートされています。ZECの詳細については、Zcashウォレット  のページをご確認ください。

事前準備

  • Ledger Liveをダウンロードしてコンピューターにインストールする。Ledger Liveの開始方法については、こちらをご参照ください。
  • Ledger Liveを開き、LedgerデバイスをMy Ledgerに接続してLedgerデバイスが最新のファームウェアバージョンを実行していることを確認する。
  • Ledgerデバイスでファームウェアのアップデートが必要な場合は、 Ledger Nano S /Nano S Plus / Nano Xのファームウェアをアップデートしてください。
  • Bitcoin (BTC) アプリをLedgerデバイスにインストールする(Zcashアプリに必要です)。詳細はこちら

Zcash (ZEC) アプリをLedgerデバイスにインストールする

  1. Ledger Liveを開き、My Ledgerタブに移動する。
  2. Ledgerデバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要に応じて、My Ledgerによるデバイスへのアクセスを許可する。
  4. アプリカタログでZcash (ZEC) アプリを検索する。
  5. インストールボタンをクリックして、Ledgerデバイスにアプリをインストールする。
    • LedgerデバイスにProcessingと表示される。
    • Ledger Liveにインストール済みと表示される。

 ZECアプリは、Ledger Blueではサポートされていません

現在、ZcashアプリはLedger Blueでは動作しません。これによって不具合が生じる場合は、サポートチケットを作成してください。ご不便をおかけして申し訳ありません。

最後の手順

高度な機能

公開鍵(パブリックキー)のエクスポートを設定

Zcashアプリは、拡張公開鍵(xpub)をU2F互換ウェブブラウザ(Chrome、Opera、またはFirefox)内のウェブアプリにエクスポートできます。xpubは、すべての公開アドレスを作成できるため、機密性の高い情報です。

公開アドレスを誤って共有しないように、公開鍵をデフォルトでエクスポートする際には、デバイス上で手動認証を行う必要があります。この設定は、以下の手順で変更可能です。

  1. Zcashアプリを開く。
  2. 設定 > 公開鍵のエクスポートの承認を選択する。
  3. 以下の2つのオプションのいずれかを選択:
    • 手動認証(デフォルト):公開鍵をエクスポートする際に、デバイス上で認証する必要があります。
    • 自動認証:公開鍵のエクスポートは自動的に承認されます。
Zcashアドレス形式

シールドされていないアドレスtから始まります。これが、Ledger LiveでサポートされているZcashのトランスペアレントアドレス形式です。Ledger Liveで取得できるZcashの受取アドレスはシールドされていません。

シールドされているアドレスzから始まります。Ledger Liveでは、シールドされているアドレスは作成できません。

  アドレスのプライバシーについて

シールドされていないt-アドレスを使ったZcashのトランザクションはすべて公開されています。プライバシーを保護するため、これらのアドレスの再利用は避けてください。Ledger Liveは、新しいアドレスを自動的に作成し、過去に使用されたアドレスを追跡します。 過去に使用されたアドレスも引き続き有効ですが、最適なレベルのプライバシーは維持されません。

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?