Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

Ledger LiveとのUSB接続問題を修復する

Ledger Live desktopでMy Ledgerにアクセスしたり、純正品チェックを行う際に接続問題が発生する場合は、 お使いのオペレーティングシステム(OS)に応じて以下の各解決策をお試しください。

事前準備

  • 接続の際には、完全にすべてのアプリケーションを閉じて、ブラウザ拡張機能をオフにしていることを確認してくださいこれには、サードパーティのウォレット(Metamask、Daedalus、MyEtherWallet)、またはLedger LiveとLedgerデバイス間の接続を妨害する可能性のあるその他のアプリケーションが含まれます。
WindowsMacOSLinux
解決策1. 管理者としてLedger Liveを実行する。
windowsadmin.gif
  1. Ledger Liveのアイコン上で右クリックし、管理者として実行する。
    注意: Ledger Liveは、USBポート上のコンテンツを調べたり、ご使用のコンピュータとLedgerデバイスとの間でデータを転送するための管理者モードが必要です。
  2. はいをクリックすると、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と尋ねられる。
  3. My Ledgerに再度アクセスするか、正規品チェックを行う。
解決策2. 別のケーブルまたはUSBポートを試す
  1. 同梱されていたUSBケーブル(Ledgerのロゴ付き)を使用の使用が推奨されています。
  2. 一部のUSBケーブル(「充電ケーブル」と呼ばれることもあります)には、データ通信に必要なピンが含まれておらず、Ledgerへの給電には成功しても、通信ができないものがあります。LedgerのUSBケーブルがなくなった場合は、使用するケーブルがデータ転送可能であることを確認してください。よくわからない場合は、別のケーブルを試してみてください。
  3. USBケーブルがLedgerデバイスに完全に挿入されていることを確認してください。新しいデバイスでは、USB-Cポートが少しきつい場合があります。そのため、少し力を加えて、USBケーブルを完全に差し込んでください。
  4. データケーブルが完全に挿入されていることを確認し、それでも問題が解決しない場合は、次の解決策に進んでください。
解決策3. ウィルス対策とVPN(Virtual Private Network)をオフにする
  1. コンピュータ上のアンチウイルス、ファイアウォール、VPNソフトウェアをすべてオフにする。
  2. My Ledgerに再度アクセスするか、正規品チェックを行う。
  3. これで解決した場合、ご利用のアンチウイルス対策でLedger Liveをホワイトリストに登録する
  4. Ledger LiveをWindowsセキュリティの除外リストに追加する。
解決策4. ドライバーをアップデートする
update_drivers.gif
  1. タスクバーの検索ボックスで「デバイスマネージャー」と入力し、 デバイスマネージャー を選択する。
  2. カテゴリーを選択するとデバイス名が表示されるので、アップデートしたいデバイスを右クリック(または長押し)する。
  3. アップデートされたドライバーソフトウェアを自動的に検索するを選択する。
  4. 「ドライバーのアップデート」 を選択し、利用可能なアップデートがあるかどうか確認する。

まだ解決していませんか?

お使いのオペレーティングシステム(OS)で各解決策を試しても問題が解決しない場合は、Ledgerサポートまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?