Ledger LiveとのUSB接続問題を修復する

Ledger Live desktopで管理にアクセスしたり、純正品チェックを行う際に接続問題が発生する場合は、 お使いのオペレーティングシステム(OS)に応じて以下の各解決策をお試しください。

WindowsMacOSLinux
解決策1. 管理者としてLedger Liveを実行する。
windowsadmin.gif
  1. Ledger Liveのアイコン上で右クリックし、管理者として実行する。
    注意: Ledger Liveは、USBポート上のコンテンツを調べたり、ご使用のコンピュータとLedgerデバイスとの間でデータを転送するための管理者モードが必要です。
  2. はいをクリックすると、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と尋ねられる。
  3. 管理画面に再度アクセスするか、正規品チェックを行う。
解決策2. 別のケーブルまたはUSBポートを試す
  1. オリジナルのLedger USBケーブル(正規品はLedgerロゴ入り)を使用しているか確認する。
  2. LedgerのUSBケーブルを使用していない場合は、別のケーブルでもLedgerデバイスを接続することができます。使用するケーブルが データケーブル用であり、充電用途のみのものではないことを確認してください。
  3. データケーブルの使用を確認しても問題が解決しない場合は、次の解決策をお試しください。
解決策3. ウィルス対策とVPN(Virtual Private Network)をオフにする
  1. コンピュータ上のアンチウイルス、ファイアウォール、VPNソフトウェアをすべてオフにする。
  2. 再度、「管理」にアクセスするか、正規品チェックを行う。
  3. これで解決した場合、ご利用のアンチウイルス対策でLedger Liveをホワイトリストに登録する
  4. Ledger LiveをWindowsセキュリティの除外リストに追加する。
解決策4. ドライバーをアップデートする
update_drivers.gif
  1. タスクバーの検索ボックスで「デバイスマネージャー」と入力し、 デバイスマネージャー を選択する。
  2. カテゴリーを選択するとデバイス名が表示されるので、アップデートしたいデバイスを右クリック(または長押し)する。
  3. アップデートされたドライバーソフトウェアを自動的に検索するを選択する。
  4. 「ドライバーのアップデート」 を選択し、利用可能なアップデートがあるかどうか確認する。

まだ解決していませんか?

お使いのオペレーティングシステム(OS)で各解決策を試しても問題が解決しない場合は、Ledgerサポートまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?