Qtum (QTUM)

LedgerデバイスにQtumアプリをインストールすると、Ledger LiveでQTUMを管理できるようになります。QTUMアプリはLedgerによって開発、サポートされています。詳しくはQtumウォレットのページを参照してください。

事前準備

手順

QTUMアプリのインストール
  1. Ledger Liveで「管理」を開く。
  2. デバイスを接続してロックを解除する。
  3. 必要な場合は、デバイス上で許可する。
  4. アプリカタログでQTUMを検索する。
  5. アプリのインストールボタンをクリックする。
    • インストール画面が表示される。
    • デバイスにProcessing...と表示される。 
    • アプリのインストールを確認する。
公開鍵(パブリックキー)のエクスポートを設定

QTUMアプリは、拡張公開鍵(xpub)をU2F互換ウェブブラウザ(Chrome、Opera、またはFirefox)内のウェブアプリにエクスポートできます。xpubは、すべての公開アドレスを作成できるため、機密性の高い情報です。

公開アドレスを誤って共有しないように、公開鍵をデフォルトでエクスポートする際には、デバイス上で手動認証を行う必要があります。この設定は、以下の手順で変更可能です。

  1. QTUMアプリを開く。
  2. 設定 > 公開鍵のエクスポートの承認を選択する。
  3. 以下の2つのオプションのいずれかを選択:
    • 手動認証(デフォルト):公開鍵をエクスポートする際に、デバイス上で認証する必要があります。
    • 自動認証:公開鍵のエクスポートは自動的に承認されます。
QTUMアドレス形式

Ledger LiveでQtumアカウントを追加すると、アドレス形式はデフォルトでSegWitに設定されます。Legacyなどの古いアドレス形式でQTUMを受け取る必要がある場合は、デフォルトのアドレス形式を変更できます。

デフォルトのアドレス形式を変更:

  1. アカウントステップの「新規アカウントの追加」セクションで、「すべてのアドレスタイプを表示」のスイッチをオンにする。
    addressformat.png
  2. 以下のいずれかのアドレス形式を選択:
    • Segwit(デフォルト)SegwitアドレスMから始まります。Segwitアップグレードにより、ネットワーク手数料が削減され、ハードウェアウォレットでのトランザクション署名が高速化されるほか、ライトニングネットワークなどのセカンドレイヤーソリューションが可能になります。このアドレス形式がLedger Liveにも実装されます。
    • Legacy:LegacyアドレスQから始まります。これがQTUMの元のアドレス形式です。新しいLegacyアカウントを、Ledger Liveに直接追加できるようになりました。これまでのように、Ledger LiveにLegacyアカウントを追加するためにサードパーティのウォレットを使用する必要はありません。

BTG Bech32アドレスはqc1から始まります。これは、安全性とセキュリティが強化されたNative Segwitアドレスです。このアドレス形式がLedger Liveにも実装されます。  

  アドレスのプライバシーについて

QTUMのトランザクションはすべて公開されています。プライバシーを保護するため、同じアドレスの再利用は避けてください。  Ledger Liveは、新しいアドレスを自動的に作成し、過去に使用されたアドレスを追跡します。 過去に使用されたアドレスも引き続き有効ですが、最適なレベルのプライバシーは維持されません。

次のステップ

この記事は役に立ちましたか?