Ledgerは24単語のリカバリーフレーズを要求することは絶対にありません。フィッシング詐欺にご注意ください。絶対に他者と共有しないでください。 詳細はこちら

XRPアドレス形式の問題

この記事では、Coinbaseなどの取引所からLedger LiveのXRPアカウントにXRPを引き出すときに発生する可能性がある、「アドレスが無効です(invalid address)」というエラーを解決する手順を説明します。 

 XRPコインを取引所に送金後の問題

  • 取引所に送金された後にXRP資金が表示されないという問題が発生している場合、この問題はトランザクションにメモまたは宛先タグがないことが原因である可能性があります。

  • Ledgerウォレットから取引所にXRPまたはXLMを送信する場合、メモタグを含めることが不可欠であることを覚えておくことが重要です。取引所は入金を入金できない可能性があります。

  • メモタグなしで取引を送信したと思われる場合、最善の行動は取引所のサポートチームに直接連絡し、資金を回収するための支援を求めることです。

Xアドレス形式を理解する

取引所によっては、XRP転送にXアドレスの使用を要求される場合があります。これは、Ledger Liveで使用される通常のRアドレスとは異なる形式です。XRPの出金を確実に成功させるには、現在のRアドレスをXアドレス形式に変換する必要がある場合があります。

さらに、一部の取引所では、Xアドレスとメモの両方が必要な場合もあります。Ledgerウォレットに資金を移動するときにメモを追加することは義務ではありませんが、要求された場合は、「0000」や「1111」などの任意の文字または数字を入力してください。

 Coinbase(コインベース)ユーザーへの重要な注意事項

Coinbase(コインベース)は、XアドレスへのXRP転送のサポートを停止しているため、「Invalid address」エラーが発生します。資産の転送を成功させるには、LedgerデバイスとLedger Live によって提供される通常のRアドレスを必ず使用してください。

invalid_xrp.png


XRPアドレスの変換

  1. XRPアドレスコンバーターのウェブサイトにアクセスする。
  2. 現在のLedger Live Rアドレスをコピーする。デポジットアドレスを取得する方法は、こちらの手順をご参照ください。
  3. 提示されたフィールドにデポジットアドレスを貼り付ける
  4. 「入力(Enter)」をクリックする。

    画像

変換が完了すると、新しく青色で表示されたXアドレス形式を、それを必要とする取引所に直接使用できます。CoinbaseからLedgerウォレットに暗号資産を引き出す方法は、当社の手順をご参照ください。

 最初にテストトランザクションを行うようにしてください

潜在的なリスクを最小限に抑えるために、最初に少量のXRPを送信して、新しく変換されたXアドレスをテストすることを強くお勧めします。これにより、XRPがLedger Liveアカウントに正常に到達したことを確認してから、大規模なトランザクションに進めます。

引き続き問題が発生する場合は、当社サポートチームにお気軽にご連絡ください。喜んでサポートさせていただきます。 

この記事は役に立ちましたか?